TEL 050-5491-0495

平日10:00〜17:00(土日祝・12/29〜1/3休み)

静岡県商工会Go To Eatキャンペーン概要

お知らせ

2021.3.5利用者様向け飲食店様向け

【お知らせ】Go To Eatキャンペーン 食事券利用の再開について(利用自粛の終了について)

Go To Eatキャンペーン食事券利用の再開(利用自粛の終了)について静岡県より以下の通り、発表がありましたのでお知らせします。食事券利用者および加盟飲食店の皆様におかれましては、感染防止対策について引き続きご協力くださいますようお願い申し上げます。

・静岡県では、テイクアウト及びデリバリーを除いて、販売済みの食事券の利用自粛のお願いをしておりましたが、食事券の利用を、3月8日(月)から再開(利用自粛を終了)いたします。

・食事券利用者の皆様におかれましては飲食に際し、次の3項目を特に御留意下さい。
① 飲食店は、感染防止対策が徹底されたお店で、混雑していない時間帯の利用を推奨いたします。
② 食事は黙って食べ、会話時はマスクを必ず着用してください。
③ 同居の御家族以外は、できる限り少人数で、1テーブルは4人以下でお願いいたします。

・加盟飲食店の皆様におかれましては、今一度、業界ごとのガイドラインの遵守や感染防止対策を確認くださいますようお願いいたします。
次の5項目につきましては、特に御留意を賜りますようお願いいたします。
① 定期的な窓の開閉や収容人数の調整等による適切な店内の換気をお願いいたします。
② 1テーブル4人以下の座席配置をお願いいたします。
③ テーブル間の距離、同一グループ内の人と人との間隔など、人と人との距離の確保や、飛沫の飛散防止に有効なアクリル板の設置をお願いいたします。
④ 店内での大声の会話を防ぐためのBGM音量の調整をお願いいたします。
⑤ 食事中以外のマスクの着用の呼び掛け、体調不良者の入店自粛の依頼など、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

2021.1.27利用者様向け

【重要】食事券の使用期限延長について

静岡県におけるGoToEatキャンペーンにつきまして、この度、食事券の使用期限を延長することといたしました。
なお、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、現在静岡県では、食事券の新規発行の一時停止(「ふじのくに静岡県Go To Eat キャンペーン」(赤富士飲食券)のみ)および、既に発行済みの食事券の利用自粛(飲食店自らが行うテイクアウト、デリバリーを除く)の呼びかけを行っておりますので、引き続き御協力をお願いいたします。

当初:令和3年3月31日(水) → 変更後:令和3年6月30日(水)まで延長

■注意事項
➀有効期限延長に伴う再発行(刷り直し)は行いませんので、お手元の既存食事券を誤って破棄してしまわないようご注意ください。
②食事券には有効期限『令和3年3月31日』との記載がございますが、6月末まで使用可能です。

 

2021.1.22利用者様向け

【お知らせ】Go To Eatキャンペーン テイクアウトの取扱いについて

静岡県からの要請により、Go To Eatキャンペーン食事券の取扱いについて、以下のとおりといたします。

・ 発行済みの食事券等は、キャンペーン対象の飲食店自らが行うテイクアウト(持ち帰り)及びデリバリー(配達)については、御利用いただけます。
・ 御利用にあたっては密にならないよう御配慮をお願いいたします。

なお、Go To Eatキャンペーン事業については、2月7日までの間、テイクアウト、デリバリーを除き、発行済みの食事券の利用自粛をお願いしています。

2020.12.1飲食店様向け

【重要】外食業の事業継続のためのガイドラインの改正について

11月30日(月)に「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン」が改訂されましたので、お知らせ致します。
下記よりご確認いただき、加盟飲食店様におかれましてはガイドラインを遵守いただけますようご協力をお願い致します。

外食業の事業継続のためのガイドラインに関する資料はこちら(PDF)

2020.11.30利用者様向け

【重要】食事券の販売終了のお知らせ

静岡県商工会連合会 GoToEatキャンペーンの食事券は、予定枚数に達したため、完売となりました。

2020.11.20飲食店様向け

「取扱店舗マニュアル(改訂版)」について

換金スケジュ-ル等の変更後の「取扱店舗マニュアル(改訂版)」につきましては、こちらをご確認ください。

取扱店舗マニュアル(改訂版)に関する資料はこちら(PDF)

2020.11.20利用者様向け飲食店様向け

【重要】「GoToEatキャンペーン」における感染防止対策について

「GoToEatキャンペーン」における感染防止対策(静岡県新型コロナウイルス感染症対策本部)につきましては、以下の資料をご確認ください。
ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

「GoToEatキャンペーン」における感染防止対策についての資料はこちら(PDF)

2020.11.13飲食店様向け

【重要】換金スケジュールの変更・換金手続きの注意事項について

スタータ-キットの「取扱店舗マニュアル」やホ-ムペ-ジでも換金スケジュ-ルをご案内しておりますが、
換金回数を増やす事になり、それに伴い換金スケジュ-ルを変更することに致します。

あわせて「取扱店舗マニュアル」とほぼ重複をしておりますが、換金手続きでの注意事項もご案内を致します。
ご確認の程よろしくお願い致します。

換金スケジュールの変更・換金手続きの注意事項に関する資料はこちら(PDF)

2020.11.6飲食店様向け

【重要】加盟飲食店の募集期間について

大好評につき、予定登録店舗数に達しましたので、11/13(金)17:00をもちまして、飲食店の募集を休止いたします。

※赤色食事券、ファミリーマート券(ふじのくに静岡県GoToEatキャンペーン)の加盟飲食店登録申請は引き続き受付しております。

2020.10.29利用者様向け

食事券を利用する際にご注意ください

食事券は半券を切り離さずそのまま加盟店舗にお渡しください。

利用する際に半券を(大・小ともに)持ち帰ることはできません。

食事券のお買い求め

●ローソン、ミニストップの店舗及びローソンチケットWEB
※ご好評につき、食事券の販売は終了いたしました。

●静岡県内35商工会

※ご好評につき、食事券の販売は終了いたしました。

※「静岡県商工会GoToEat食事券」は青色です。
※食事券は、1,000円券×10枚、500円券×5枚の組合せとなります。

ご利用の皆さま
ご利用上の注意
【食事券を利用する際にご確認ください】

  • ◆コロナウイルス感染症対策を遵守の上、ご利用ください。
  • ◆券面記載の有効期間内に限り、ご利用いただけます。
    (期間を過ぎた場合は無効となります。)
  • ◆静岡県で登録した参加店舗でのみご利用可能です。参加店舗は予告なく変更する場合があります。
  • ◆盗難・紛失・滅失または偽造・変造・模造等に対して、事務局は責任を負いません。
  • ◆半券が切り離された食事券は利用できません。
  • ◆本券の第三者への交換又は売買、譲渡、現金との引き換えはできません。
  • ◆釣銭は出ません。
  • ◆返金はできません。
  • ◆本券は飲食代にのみご利用が可能です。
  • ◆利用対象にならないものがあります。
    (1)現金との換金、金融機関への預け入れ。
    (2)物品(レトルト食品、調味料など)、飲食店独自の食事券など。
    (3)その他、事務局が食事券の利用対象として適当と認めないもの。
    (4)その他、各加盟店舗が指定するもの。
  • ◆加盟店舗によって独自のルール(利用金額の制限、他のプレミアム商品券との併用制限等)を設定する場合がございます。詳細はご利用の加盟店舗にご確認ください。
  • ※静岡県商工会GoToEat食事券自体にはご利用制限は設けておりません。
  • ※食事券の売買や転売、譲渡はできません。よって個別又はネット上等での売買や転売もできません。

【Go To Eat キャンペーンをご利用いただく皆さまへ】

当該食事券の購入するにあたっては、サービス産業消費喚起事業(Go To Eat キャンペーン)給付金給付規程(令和2年 10月9日付け2食産第 3487 号)に基づく申請が必要となります。
申請については、食事券発行事業者(静岡県商工会GoToEat事務局)が利用者の皆様に代わり申請することにより本食事券の購入が可能となります。
なお、サービス産業消費喚起事業(Go To Eat キャンペーン)給付金を申請するにあたり、下記の4項目に対して宣誓いただく必要があります(Go To Eat キャンペーンの利用者は、食事券を購入することにより、以下の宣誓事項に同意するものとします。)。

1 申請書類の内容に虚偽がないこと。
2 農林水産省大臣官房参事官(経理)又は大臣官房予算課経理調査官の委任した者が行う関係書類の提出指導、事情聴取等の調査に応じること。
3 不正受給が判明した場合には、「サービス産業消費喚起事業(Go To Eat キャンペーン)給付金給付規程」に従い給付金の返還等を行うこと。
4 「給付金給付規程」に従うこと。

感染症対策にご協力ください

  • 食事の前には、手洗い・消毒をしましょう。
  • 咳エチケットを守り、会話は控えめに。(食事以外はマスクをしましょう)
  • 三密を回避し、換気に協力しましょう。(混雑時間を避けましょう)